カプセルが乗っているスプーン

ヘルペスというのは粘膜に小さな水ぶくれができるという症状で、ヘルペスウイルスが感染してできるものです。主に口唇や角膜、性器にできるものは単純ヘルペスウイルスが原因でできます。こういう部分に何らかの違和感があるならば、ヘルペスの可能性がありますので、皮膚科を受診するようにしましょう。

唇にできるもので言えば、唇や口の周りにピリピリという違和感を感じ、赤くはれ上がります。その後水ぶくれとなって症状が現れます。水ぶくれになった時に痛みや痒みを発することがありますが、自覚症状が無いケースも存在します。水ぶくれからかさふたができてきれいになるまでに2週間ほどかかります。ただ、抗ウイルス薬を使用すればもっと治療効果が上がり早くきれいになります。

性器にできるものは、性器や肛門などにむずがゆさを感じ、水ぶくれが次第にできてきます。水ぶくれが破裂すると痛みや痒みを生じることがあるので、その点では注意をしたほうがいいです。他人に見られることが無いので気づきにくいという特徴がありますが、自分で気づかないと性交をしている時に他人にうつしてしまうという可能性があります。

ヘルペスにかかる原因の一つとして、他人からもらうということがあります。他人が口唇や性器にヘルペスが存在している時に、自分がそれに触れてしまうことで、ヘルペスにかかるということがあります。口唇でできているならば、キスなどの直接感染によってかかることがありますし、性器にできているならば、セックスやオーラルセックスによりかかる可能性があるということです。粘膜や皮膚が直接ヘルペスに接触することで感染する可能性があります。

一度ヘルペスにかかると、体内にウイルスが住み続けることになりますので、いつ発症するのかわかりません。ただ、体内の免疫機能が活発であれば体内にいたとしてもウイルスの増殖を防ぐことになりますので、結果的に発症することはありません。しかし、体力の低下や発熱、ストレス、紫外線などの影響により体内の免疫機能が低下する事態になったら、残存しているウイルスが活発に動き出しますので、再発するということが十分にあり得ます。

口唇や角膜、性器にできるヘルペスの場合は何度も再発する可能性がありますので、免疫機能のチェックを欠かさないことです。疲れているなという場合は発症してしまう原因になることもありますので、十分に休養を取ったほうがいいでしょう。